【エフェクティブタッチフェイシャルのご紹介】

エフェクティブタッチフェイシャルは筋肉の状態にあわせたやさしいタッチでファッシア(筋膜)や筋肉をリリースし、癒着のない状態に整えます。
それに加えて一定のリズムによるソフトなタッチが自律神経のバランスを整え、高いリラクゼーションを得ることができます。

オイルトリートメントに使用するのはプラナロムの植物油。
お客様のお肌にもよりますが、最高の老化防止薬と呼ばれるアルガンオイルが主体です。
お肌トラブルを防ぐため、フェイシャルでは精油を加えておりません。
私自身がかなりの敏感肌でして、同じようなお肌の方にも安心して受けられるフェイシャルをご提供したいと考えているためです。
香りはトリートメントオイルではなく、トリートメントルームの空間に香らせてお楽しみいただきます。
筋肉や筋膜へのアプローチ(触覚)と香りによる嗅覚からのアプローチで、体の外側と内側から多角的に働きかけます。

エフェクティブタッチの手技は解剖学に基づいています。
表情筋や咀嚼筋にアプローチしてお顔のバランスを整えるといったらわかりやすいでしょうか。
私たちの顔は左右対象ではありません。
表情の作り方や噛み方などによって、口角や眉の位置、目の大きさなどが左右で違っているということはごく普通に見られます。
エフェクティブタッチフェイシャルで筋膜や筋肉をリリースし、癒着のない状態に戻していくと、下に引っ張られていた筋肉が元の位置に戻ってリフトアップしたり、上に挙げてくれる筋肉へのアプローチでほうれい線が薄くなったりとさまざまな効果が期待できるのです。


↑お顔の筋肉模型

お顔の筋肉のほとんどは「表情筋」と呼ばれる筋肉で、身体の他の部位の筋肉のように骨と骨をつないでいるのではなく、お顔の皮膚や筋肉にくっついていて、複雑な表情を作り出します。
口角を下げる筋肉にアプローチすれば口角があがりますし、ほうれい線を作る筋肉にアプローチすればほうれい線は薄くなります。
大切なのは、本来あるべき状態に整えてあげることです。

表情筋でないのは咀嚼に関わる筋肉。
「噛む」ことが仕事の筋肉なので強力です。
睡眠時に噛みしめが強い方はそのあたりの筋肉が硬く張っている可能性が大。
エラが張ったり、顔が横に広がったり、引っ張られて頬が下がったり、ほうれい線ができたりというありがたくないことが起こる可能性もあり、緩めてあげることが美容だけでなく健康のためにも大切ですね。

筋肉が硬くなっていたり筋膜の癒着があったりすると、皮膚が正しくない方向に引っ張られてしまいます。
メイクでは整えることのできない、最も大切なお顔の土台を整えませんか?
家でのセルフケアもお伝えしています。

エフェクティブタッチフェイシャルで施術する部位は、デコルテ、お顔、頭です。
施術時はガウンにお着替えいただき、ベッドで施術します。

エフェクティブタッチフェイシャルとボディを組み合わせたプランや、バイオニックセルサーを組み合わせたプランもございます。
フェイシャル初回の方は半額となっておりますのでぜひお試しくださいね。
お得な回数券もございます。