今年の夏はとても暑かったですね。
この夏の暑さはお肌にも過酷だったはず。
強い紫外線、冷房による冷え、乾燥、汗で失われるうるおい・・・
乾燥は冬だけのものではありません。
過酷な夏はお肌のターンオーバーが乱れがち。
アロマフランスのハーブウォーターで植物のパワーあふれる化粧水を作りませんか。

ハーブウォーターって?

精油は水蒸気蒸留でとられますが、その際いっしょに抽出される「芳香成分を含んだ水」がハーブウォーターです。
ハーブウォーターは芳香蒸留水とも言われ、水にハーブのエキスや精油を混ぜたものとは異なります。
ローズやネロリのハーブウォーターをはじめさまざまな植物を蒸留してとられたハーブウォーターは、19世紀になり精油の使用が増えると重要度が低下しました。
精油に比べて作用が緩和で、どん!とした効果が見られないことなどが原因で、すたれてしまったようです。
しかし、最近ハーブウォーターが見直されています。
精油と同じく植物の生命エネルギーをもったハーブウォーター。
水溶性の芳香成分をしっかり持っています。
薄めずに使えて子どもさんにも安心、油性のものを避けたい場合などにも最適なのです。

 
↑これらは家庭用の蒸留器です。


↑芳香蒸留水を抽出しているところ


↑抽出された芳香蒸留水。
抽出直後なので精油と芳香蒸留水が混ざっているため濁りがあります。
時間をおくと精油が上部に集まり、2層になりました。
これは自家消費用のハーブウォーターです。
今回はアロマフランスのハーブウォーターで化粧水をつくります。

アロマフランスのハーブウォーターでつくる化粧水

日程:どちらも同じ内容です
9月20日(木)10時〜12時半
9月26日(水)13時〜15時半
内容:
1.ハーブウォーターってなに?
2.どんなことに使える?
3.皮膚について
4.いろいろなハーブウォーター
5.注意が必要なハーブウォーター
6.ハーブウォーターで化粧水をつくりましょう(クラフト作成)
費用:2,500円
人数:4名様

この講座ではアロマフランスのハーブウォーターをブレンドして50ccの化粧水を作ります。
(ヒアルロン酸やグリセリンなどの保湿剤もご用意しています)
アロマフランスのハーブウォーターの特徴は、なんといってもその「濃さ」。
普通のハーブウォーターは植物に対して4倍のハーブウォーターをとりますが、アロマフランスは1:1、つまり、植物の重さと同量のハーブウォーターしかとりません。
芳香成分がたっぷり入ったハーブウォーターは、香りも効果もすばらしい!
ハーブウォーターを「精油のおまけ」のように思っていた私は、アロマフランスのハーブウォーターをはじめて手にした時、衝撃を受けました。
それほどすばらしかったので「おまけ」という考えをポイッと捨て、今では精油と並ぶ「主役」と思っています。

香りの成分(芳香分子)は皮膚に吸収されます。
表面を潤すだけでなく、お肌の奥まで届いて働いてくれる。
そんなすばらしい作用をもつハーブウォーターをブレンドして秋の化粧水を作ります。
ハーブウォーターの香りをひとつずつ確かめていただき作用をお伝えしますので、お好みの作用をもつ化粧水を作成してくださいね。
アロマフランスのハーブウォーターは1種類でもすばらしいものですが、数種類をブレンドすることでさらに素敵な化粧水となります。
あなたは何のハーブウォーターを選びますか?
いろいろご用意してお待ちしています。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

クービック予約システムから予約する

お電話でのお問い合わせはこちら お問い合わせ(メールフォーム)

ブレインヘルスケア オリーブ
大分県別府市田の湯町3−11(別府市公会堂向かい側)別府駅西口より徒歩5分
駐車場ございます(石川ガレージ5番)
近隣にコインパーキングもございます。
TEL:0977−85−8327
FAX:0977−85−8328
アロマテラピー教室、ナード・アロマテラピー協会認定 アロマ・アドバイザー資格認定校
プラナロム精油正規販売店
講師:金馬千絵

 
クービック予約システムから予約する

お電話でのお問い合わせはこちら お問い合わせ(メールフォーム)
友だち追加