ラストーンセラピーの石たち

ブレインヘルスケア オリーブの金馬 千絵です。
ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回はラストーンセラピーで使う石をご紹介します。


まずは小さなこの石たち。
親指と人差し指で○を作ったくらいの大きさの石です。
数は8個。
さて、何に使うでしょう?

これは、足指の間にはさむ石たちです。
↓こんなかんじ↓

指の間を開いてあげるととてもリラックスできますし、今の時期、足浴をしてもすぐに足先が冷たくなってしまうお客様も多いです。
足先からホカホカにあたたまりましょう♪


続いて、肩やデコルテ、背中などに使う石↑。
上の涙型の石は「シバリンガム」という石です。
映画のインディジョーンズシリーズで描かれていた「サンカラストーン」の元になった石だと聞きました。
インド原産で1年に一度しか採取されない、貴重なものです。
シヴァ神を象徴したパワーストーンで、聖なる石と言われています。
エッジのきいた石は「こり」にアプローチしやすいので、肩や背中の施術にぴったり。
すべらすのもよし、角で押圧もよし。
気持ちよいですよ♪

次は12個ほどある石たち↓。

身体をあたためながらゆるめ、ほぐし、全身をかけめぐりながら仕事をするのはこの子たちです。
丸い子や細長い子、いろいろなタイプがいます。
黒い石は玄武岩(火山岩)。温度を保ちやすい石で、温めて使います。
肌の上を滑らせながら石の温度がお客様の肌に移っていくのを直に感じると、石、精油、オイルのパワーがお客様に移っていくのを感じます。
このほか、身体の下に敷く石や身体の上に置く石もずらっと勢揃いしています。

続いてひんやりチームをご紹介します。

↑ひんやりチームの面々。
冷やして使う石はほとんどが大理石で、白っぽい石が多いです。
ひんやりチームは火山でできたほかほかチームと違い、海で生まれた石たち。
この子たちは冷蔵庫の中で待機しています。

ひんやりチームも、敷石にしたり、身体の上に置いたり、身体の上をすべったりします。
でもいきなりひんやりが来ることはないので、ご安心くださいね。
球の石は、ころころとお肌の上を転がします。
フェイシャルで使う黒い球は特に好評です。
U字の石はサルドニクスといい、うつぶせの施術の時に頸部に置いたりします。
これもとても気持ちがいいんですよ。


さて、施術のおしまいの方で登場するこの石↑。
ワンドと呼んでいます。
セレナイト(白い方)と中国蛍石(紫色)が合体したものです。
一見ツボ押し器具のようですが、この石は力を入れてぐいぐい押すような使い方はしません。
やさしくやさしく使います。
どんなふうに使うのかは、お楽しみに♪

ラストーンセラピーは、ホカホカチームとひんやりチームが協力して働いてくれます。
普段いる場所は別々ですが、仕事が終わった後には↓このように↓同じ場で休みます。


次の仕事にそなえて充分休み、またほかほかとひんやりに分かれて待機します。
今日もありがとう。
明日もよろしくお願いします。

ラストーンセラピー、ご興味がありましたらぜひ一度ご体験くださいね。
ご不明点などございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

施術料金のご案内です。
ラストーンセラピー開始記念としてしばらくの間割引をさせていただきます。
◎ラストーンセラピー70分⇒9,000円今だけ8,000円
◎ラストーンセラピー90分⇒11000円今だけ10,000円

お電話でのお問い合わせはこちら お問い合わせ(メールフォーム)

友だち追加

関連記事

  1. ラストーンセラピーのご案内