インフルエンザ予防にアロマ

早くも2月も真ん中近くまで来てしまいました。
別府ではまだインフルエンザが流行っているようですが、皆様のまわりはいかがですか?
下火になった頃に感染してしまうことも多々ありますので、充分にお気をつけてくださいね。

私はインフルエンザにかかったことがありません。
毎年家族の誰かがインフルエンザにかかりますが、私は感染せず。
免疫力が高いのか、対策がいいのかわかりませんが^^

今日はアロマでできる簡単なインフルエンザ予防についてお話します。
簡単なのは、精油を入れて作ったルームスプレーを空中にシュッシュッとスプレー。
部屋に漂うインフルエンザウイルスをやっつけてくれます。
ディフューザーでも同じことができますね。

ルームスプレーは、抗菌・抗ウイルス効果が期待できないものでも(たとえば水でも)、空中に散布することで浮遊している菌やウイルスを下に落としてくれます。
吸い込む確率はこれだけでも激減。
もちろん、水だけよりも精油の入ったルームスプレーやハーブウォーターの方が効果があります。

感染の原因は、直接吸い込むことよりも、インフルエンザなどのウイルスがついたものを触った手で自分の口のあたりを触ってしまうことが多いと言われます。
どんなものかというと、電車やバスのつり革、手すり、スーパーのかごやドアノブなど。
こういうものを触った後は、手を拭く、顔の付近を触らない、などの注意をすることも大切です。
こんな時にもアロマは活躍します。
小さなスプレーをバッグに入れておけば、いつでもシュッシュ。
アルコールが合わない方は、アルコールなしで作ることもできますし、ハーブウォーターをそのまま使うのもよし。
※ちなみに、ノロウイルスに精油は効きません。

マスクはいちどはずしたら取り替えてくださいね。
せっかくブロックした、マスク外側についている菌やウイルスを吸い込まないように^^

そして、大切な免疫力アップ。
研究途上なのでわかっていないことも多いのですが、免疫の調整には嗅覚による間接作用が大きいと言われます。
人間には「自然治癒力」があり、アロマテラピーはそのバランスを整えるのに有効なんです。
免疫はストレスとも密接な関係があり、過度なストレスがあると免疫力も低下します。
ストレスが大きいと思われる方は適宜ストレス抜きをしてくださいね♪
寝る、ボーッとする、ゲームをする、趣味を楽しむ、何でもいいですので^^
アロマトリートメントもおすすめです。

私は家族がインフルエンザになった時には、医薬品の予防服用もします。
ただし予防で薬が飲めるのは、同居の家族がかかった場合や、インフルエンザにかかると重症化しやすい場合などに限定され、自費診療となります。
(おすすめしているわけではありません。参考までということで^^)
今年は今のところ家族は罹患しておらず、このままいってくれますようにと思っています。
何しろ、高齢の義父母もいますので。

2月はこの後休みが多いため残っている日が少ないですが、クラフト作成は材料費のみで個別にご相談を承ります。
作りたいものがございましたら、お気軽にメッセージくださいませ。

写真は今日の香り、マートル・シネオールとレモン
マートル・シネオールはユーカリ・ラディアタをもっと甘くやわらかくしたような、素敵な香り。
ユーカリ・ラディアタよりだいぶお値段は張ります。
マートル・シネオールどんな香りかな?と思われる方もお気軽に香りをためしにいらしてくださいね。

お電話でのお問い合わせはこちら お問い合わせ(メールフォーム)

友だち追加

関連記事

  1. 芳香蒸留水の魅力

  2. アロマフランスのハーブウォーターで化粧水をつくります

  3. クリーム

    楽しくワイワイ 秋のクリーム

  4. ナード・ジャパン アロマテラピーベイシック

  5. アロマテラピーベイシック

  6. 香りは脳を直接刺激する最良の方法